このページは、倉庫業法の規定により分類される各倉庫について紹介しています。

各倉庫を指定し、詳細を確認ください。

1類倉庫

倉庫業法が定めている1類倉庫において保管することのできる物品の種類および施設設備基準に加え倉庫業法が定めている物品の種類を説明しています。

1類倉庫の詳細はこちら

2類倉庫

倉庫業法が定めている2類倉庫において保管することのできる物品の種類および施設設備基準に加え倉庫業法が定めている物品の種類を説明しています。

2類倉庫の詳細はこちら

3類倉庫

倉庫業法が定めている3類倉庫において保管することのできる物品の種類および施設設備基準に加え倉庫業法が定めている物品の種類を説明しています。

3類倉庫の詳細はこちら

野積倉庫

倉庫業法が定めている野積倉庫において保管することのできる物品の種類および施設設備基準に加え倉庫業法が定めている物品の種類を説明しています。

野積倉庫の詳細はこちら

水面倉庫

倉庫業法が定めている水面倉庫において保管することのできる物品の種類および施設設備基準に加え倉庫業法が定めている物品の種類を説明しています。

水面倉庫の詳細はこちら

貯蔵槽倉庫

倉庫業法が定めている貯蔵槽倉庫において保管することのできる物品の種類および施設設備基準に加え倉庫業法が定めている物品の種類を説明しています。

貯蔵槽倉庫の詳細はこちら

危険品倉庫(工作物)

倉庫業法が定めている危険品倉庫(工作物)において保管することのできる物品の種類および施設設備基準に加え倉庫業法が定めている物品の種類を説明しています。

危険品倉庫(工作物)の詳細はこちら

危険品倉庫(土地)

倉庫業法が定めている危険品倉庫(土地)において保管することのできる物品の種類および施設設備基準に加え倉庫業法が定めている物品の種類を説明しています。

危険品倉庫(土地)の詳細はこちら

冷蔵倉庫

倉庫業法が定めている冷蔵倉庫において保管することのできる物品の種類および施設設備基準に加え倉庫業法が定めている物品の種類を説明しています。

冷蔵倉庫の詳細はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ